婚活で出会った相手から思わぬタイミングでプロポーズされました

彼が外国への転勤が決まっていた為親に反対される

多くの女性達は素敵な景色や雰囲気の中で、婚約指輪を渡されるというシーンを描くでしょう。
私もそのような場面を夢見ていた一人でした。
しかし、私の場合そのようなことは一切ありませんでした。
プロポーズを受けたのは私の自宅で、結婚指輪もなかったのです。
その上、彼は2年後に仕事の都合で外国の支店で勤務することが決まっていました。
だから彼のプロポーズを承諾するということは、私も彼と共に外国で生活するということを意味しているのです。
このことを私の母に話したところ、あまり良い反応をされませんでした。
私の母はどちらかというと保守的な人であり、日本の外から出たことがありません。
だから娘である私が心配であるし、遠くに住むという現実に否定的でした。
そのため、現在の彼と別れてお見合いをした方が良いのではないか、と言われたのです。
結婚適齢期で巡り合えた人であったし、フィーリングや趣味なども一緒に楽しめる人だと私は思っていました。

【さのこん参加者募集】
さのこんの開催が決まりました。

今回のテーマは「テーブル茶道婚活」!!
敷居が高いと思われがちな茶道ですが、今回は、どなたでも気軽に参加できるカジュアルなテーブル茶道になっております。
皆様のご参加をお待ちしております♪
https://t.co/LWbnMvSVzn pic.twitter.com/eLpqDiOjdi

— 佐野市 (@SanoCity_PR) 2019年7月18日
しかし、母に良い反応をしてもらえなかったことに対して、私は悲しい気持ちを感じてしまいました。
出来れば応援してほしい、娘である私の意見を尊重してほしい、という気持ちが沸き出てきたのです。
そして私は母に言われた事を彼に伝えました。
彼は非常にショックを受け、落ち込んでしまったのです。
ですが、このタイミングで私は彼からのプロポーズを受けました。
この時指輪も素敵な景色も何もありませんでした。
でもその言葉を聞いた瞬間、幸せな気持ちが心の中に湧いてきたのです。
自然と涙が出てきたのと同時に、母の言葉を思い出しました。
だからその時にすぐ返事をすることが出来ませんでした。
私はその一ヶ月後、彼と一緒に出かけたタイミングで返事をしました。

婚活サイトを利用して今の主人と出会う彼が外国への転勤が決まっていた為親に反対される彼と離れることは考えられずプロポーズを受けて結婚